交差点内で発生した追突事故

事故の概要
 平日の午後、Bさんは乗用車を運転し、片側2車線の道路を通行していた。信号機のある交差点に接近したところ、緊急車両のサイレンの音が近づいてくるのが聞こえた。信号は青であったが、Bさんはブレーキをかけ減速した。このとき、Bさんの後方を普通貨物車が走行していた。この貨物車を運転していたAさんは、Bさんの乗用車が減速するのを認めたが、交差点内では停止しないだろうと考えた。しかし、Bさんはすぐに緊急車両に進路を譲る必要があると判断し、交差点内に停止しようとした。Aさんは乗用車の急な減速に適切に対応することができず、貨物車は乗用車に追突した。

 

 

事故の原因
 貨物車を運転していたAさんが、Bさんの乗用車は停止しないだろうと安易に判断し、減速するなどの措置を取らなかったことが事故の原因である。事故の直前、Aさんはラジオを聞きながら同乗者と話し込んでいたらしい。Aさんは、周囲の様子やBさんの乗用車の動きに十分な注意を払っていなかったと考えられる。

 

 

この事故から学ぶこと
 Aさんは30歳であり、Bさんは70歳であった。同じ場面に遭遇した場合でも、高齢者と若年者では、判断や行動が異なることがある。安全運転に関する意識や行動を年齢層別に調べた研究は、年齢が高いほど、より遵法的で慎重な運転をする傾向があることを示している。この事故は、運転者の意識や行動の違いが原因になった事故であるとも言える。他の運転者も自分と同じ行動をするはずだと安易に考え、危険の予測を怠ると思わぬ事故につながる。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です
直事故の過失について
運転中の急病による事故
チャイルドシートを使用する習慣について
飲酒運転のさまざまな危険性
運転中の急病による事故
初心運転者の速度超過による事故
急な進路変更による事故