交通事故の被害者がするべき手続きとは

交通事故の被害者がするべき手続きとは

記事のイメージ画像

誰でも交通事故の被害者になってしまう可能性があり、気が動転してしまうかもしれませんが、初動が大切と言われます。その後の、賠償請求などを有利に持っていうためにも、最初にするべき手続きを知っておきましょう。

交通事故の被害者になってしまう可能性は高い

交通ルールを守っていても、もらい事故もあれば、相手がルール違反をするなど、想定外の事態は起こり得ますので、事故の被害者になってしまう可能性は常にあります。人身事故の当事者となってしまうと、ケガの程度によっては仕事を休まざるを得ないケースも出てきます。損害を補償してもらうための、示談交渉など、初めてでどうすればよいか分からないといった方も少なくありません。通常は先方が加入している任意保険を使うことになり、保険会社が間に入って示談交渉をすることになります。法律や事故書処理のプロが対応しますので、賠償等級を相場の満額まで得るのが通常は難しい状況です。

被害者になったら行なうべき手続きとは

被害者になったら、まずすべきことはケガの程度を明らかにするために即座に病院で診断を受けることです。事故は突然、起こるものですので、冷静に対処しにくいですが、初動を失敗すると、後の賠償金請求や自己処理で不利な状況になってしまう可能性があります。なお、保険会社に提出する診断書は、指定の書式で提出する必要があります。相手の連絡先を聞くこと、警察に必ず連絡して事故証明書を発行してもらうことが肝要です。勤務中に起こした事故であれば、雇用している会社も賠償請求の対象となりますので、先方が勤務している会社名や連絡先の情報は最低限、確認することが必要です。

慰謝料の請求・増額の検討をするなら

事故後に病院で受診することを推奨しましたが、たとえ自覚症状がなく大丈夫と判断しても診断書を作成してもらうことが大切です。その後に、むち打ち症や竿の他の体調不良が発現しても、事故との関連性を証明できなくなり不利となります。初動が大切というのは、こんなシーンを想定しているからです。また、理論武装して示談交渉に出向いても、相手は自己処理のプロであり、相場価格の満額回答というわけにはいかず、大幅に等級を下げられてしまう可能性があります。そこで、弁護士に依頼して、弁護士規準で賠償額を算定してもらってください。高確率で賠償額が増額、もしくは相場価格に近くすることができるはずです。

まとめ

交通事故の被害者になってしまったときに、なすべき手続きを見てきました。最低限でも加害者の住所、氏名、連絡先に加え、勤務中であれば会社の連絡先を確認しましょう。さらに警察に連絡して、事故証明書を発行してもらうことが大切です。勝手に示談交渉しないことが、ポイントとなります。賠償金の増額を期待するなら、弁護士に依頼することを推奨します。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です