交通事故の被害者がやられ損にならないための行動

交通事故の被害者がやられ損にならないための行動

交通事故にあったときに自分一人で交渉をしたのなら、納得できる金額を得られる可能性はとても低いです。加害者側には保険会社という専門家がついているので、被害者と一緒に戦ってくれる交通事故の専門家を味方につけましょう。

慰謝料の増額を望むなら弁護士を用意すること

運転や歩行などで道路を利用していると、突然交通事故に巻き込まれてしまうことがあります。交通事故の被害にあった方は身も心も傷ついた状態で交渉をおこなわなければいけないため、とてもつらいことでしょう。しかも、加害者側には保険会社という大きなバッグが自動的につくのに、被害者側は自身で用意しなければいけません。相手側にだけプロがついたのでは、やられ損ともいえる状態になる可能性が高いため、少々の費用がかかっても弁護士を用意したほうがよいでしょう。弁護士なら保険会社に負けないプロなので、慰謝料を増額するための心強い味方となってくれます。

とにかく警察に連絡することが重要

やられ損にならないためには交通事故にあった場合はかならず警察に連絡をしましょう。場合によっては警察を呼ばないで、示談交渉をしてくる加害者もいますが突っぱねる必要があります。警察なしでは事故が起こった事実を証明するのが難しくなるため、後日の連絡を完全に無視される事態にもなりかねません。治療費や修理費を払ってくれると約束しても、その金額が多大なものとなると支払いが滞るのは予想ができるはずです。被害者側が警察を呼ばないメリットは『時間の節約』くらいしかありませんので、やられ損にならないためにも、公的な第三者に間に入ってもらいましょう。なお、すでに事故に巻き込まれて連絡していないなら、今から届けられる可能性があるため警察への相談を推奨します。

保険会社との交渉は最初からすべて弁護士に任せる

交通事故にあって警察の立会いが終わり自宅に帰ってきたのなら、さっそく弁護士探しを始めましょう。地域名と弁護士というワードを使ってインターネット検索すれば色々な事務所をみつけられます。ただし、交通事故の被害者に特化した弁護士を選択しなければいけないため、各事務所の対応状況を見てから連絡をとりましょう。なお、加害者側からコンタクトがあってから探すのもよいですが、保険会社に説き伏せられる可能性もあります。そのため、自身だけで話し合いに参加することは一切せず、最初から弁護士に対応してもらったほうがよいです。

まとめ

慰謝料が少ないことに不満を持ちたくないのなら交渉のすべては弁護士にお任せすることが一番の方法です。警察への連絡が終わったのならば、できる限り早い段階で交通事故の被害者に特化した弁護士探しを始めましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です