交通事故により発症したむち打ちへの対応とは

交通事故により発症したむち打ちへの対応とは

記事のイメージ画像

交通事故の影響で、むち打ち症状が出ると頭痛やしびれなどの症状によって苦しむ場合があり、加害者に慰謝料を請求できます。症状や慰謝料の種類をあらかじめ知っておき、保険会社との交渉を有利に進める必要があります。

交通事故が原因となるむち打ち症状とは

追突などの交通事故に遭遇すると、むち打ちの症状が出てツライことになる場合があります。首にコルセットを装着している方を見かけたことがあるかもしれませんが、事故の影響によって頚部や首に痛みやしびれが生じている状態を指します。いわゆる頚椎捻挫と呼ばれるものにほとんどが該当します。事故後には自覚症状がないケースもあり、数日経過後に発症するなどやっかいな怪我です。また、酷いときには頭痛や頚部の痛み、しびれとなり、治療が長引く場合もあります。仕事や学業になど日々の生活にも支障をきたす恐れがあります。病院で診断を受ける必要があり、障害が残ると費用負担もさることながら、精神的な負担も大きくなります。

交通事故の被害に遭遇してしまったら

交通事故に遭遇した場合、まず病院へ行って診断を受けることが大切です。特に追突事故などは、むち打ちの心配があるからです。その時点では自覚症状がなく、何でもないと感じていたとしても、数日から数週間後にむち打ち症状を発症する可能性があるため慎重になるべきです。特に、事故との因果関係を証明するためにも、事故直後の診断書を書いてもらうことが大切です。入院もしくは通院による負担、後遺症に悩まされる等、ツライ状態となる場合に、慰謝料相当額を請求するために必要です。事故直後の診断書があること、症状に関して詳しい記述があること等が要求されます。

むち打ち症状に対する損害賠償の種類とは

交通事故が原因となって、むち打ち症状が出て病院で診断を受けたり入院するケースもあります。もしくは障害が残ったようなケースでは、慰謝料に相当する損害賠償請求ができる場合があります。前者が、入通院慰謝料、校舎が後遺障害慰謝料であり、主にこの2種類が交渉の対象となります。通院していることが証明できれば、入通院慰謝料は認められるケースが多く、後遺障害慰謝料は、障害と事故との因果関係が認められるか否かによって結果が異なります。また認定される等級によって、賠償が変わってきますので、示談交渉が進んでしまう前に、専門の弁護士に相談することが大切です。

まとめ

追突などの交通事故の被害に遭遇すると、後にむち打ち症状が発症して苦しむ恐れがあります。すぐに病院で診断を受けて、診断書を書いてもらうことが大切であることをみてきました。入通院や後遺障害に対する慰謝料の請求をするためにも、事故と症状の因果関係を明確にする必要があるからです。保険会社との交渉を有利に進めるためには、弁護士に相談することを推奨します。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です