交通事故のケガの種類を把握しましょう

交通事故のケガの種類を把握しましょう

交通事故は突然やってくるトラブルであり、当事者になると、まさか自分が被害者になるとはと、ビックリするかもしれません。相手方との示談交渉や、賠償金の算定のためには、ケガの程度を把握する必要がありますが、冷静に対処するためには、その種類を知っておくと良いでしょう。ここでは、ケガの種類と特長、及び注意すべきポイントをまとめていきます。

むち打ちはしばらく経ってから起きる

交通事故の被害者となったときに、多いのがむち打ちです。正式には頚椎捻挫と診断される ことになり、診断書にはこの名称が記入されます。首に強い衝撃が加わることで、頚部や首の痛み、もしくはしびれ等の症状が起きます。酷いときには、吐き気や倦怠感などを伴いますので、日常生活に差し支えるケースもあります。事故直後では、自覚症状がなく問題ないように感じる場合がありますので、この点は注意したいところです。数日経過してから、発症する場合もあるからです。入院や通院が必要なり、慰謝料を加害者に請求するためには、事故直後の診断書が必要です。自覚症状がない状態であっても、必ず事故直後に受診して診断書を書いてもらうことが肝要です。

骨折は完治するまでに時間がかかる

骨折は症状としては重いものは、入院が必要になるケースもあり、ギブスで固定されたり、車椅子を使うなど不自由な状態を強いられる結果となります。手術の有無によって、入院期間が左右されます。また、幸いにして症状が軽いケースであっても、松葉杖となったり、日常生活を送る上で、周囲の助けが必要になります。固定した側は、筋力が著しく低下しますので、ギブスが外れた以降ではリハビリが必要となります。この時点から、完全に回復するまで数ヶ月を要する場合もあります。入院期間中には、仕事が制限されるなど、治療費以外の損害も発生しますので、慰謝料の支払いが請求される場合があります。

打撲は時間の経過で重くなることも

次に交通事故で多いとされているのが打撲の症状です。全身のあらゆる箇所が対象となリ、外部からの強い力が加わることで腫れたり、痛みを感じるようになります。骨折を併発していなければ、様子をみるか腫れや痛みが酷いときは、外用薬を適用します。症状がひどくなると、内出血したり動作に支障をきたすケースもあります。交通事故の打撲は、想像以上に体にダメージを与えているケースがあり、時間が経過してから不具合が出て来るケースが少なくありません。事故当時に、なんでもなくても、必ず医師の診断を受けて、他に深刻なケガを負っていないかを診てもらうことが肝要です。

まとめ

交通事故の被害者となると、様々なケガを負うことになります。万が一の時のために、ケガの種類や特長を見てきました。代表的なむち打ち、骨折、打撲の特長や対処法を知ることができました。時間が経過してから、症状が重くなるケースがありますので、念のために医師の診断を受けることが望ましいと言えます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です