交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは

交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは

記事のイメージ画像

交通事故の被害者となってしまった場合には仕事を休んだり遅刻や早退をすることもあるのではないでしょうか。その際には休業補償を受けることができます。ただ休んだ分のみの請求だけではないということを理解しておく必要があります。

交通事故の被害者が受けられる休業補償の内容について

交通事故の休業補償は、その名の通り交通事故にあって被害者となってしまった際に、仕事を休んだり遅刻や早退することで、収入が減ってしまうという損害に対する補償となっています。ただ休んだ分というわけではなく、そのことが原因となりボーナスや給与が減額されてしまったという分も補償の一部に含まれる仕組みとなっています。働いている人にしか適応されないと考えてしまいがちですが、専業主婦や無職でも補償を受けることができるケースも多くなっています。特に専業主婦の場合は休業補償の対象となることを頭においておきましょう。

休業補償と有給で休んだ場合について

有給休暇を使った場合には、休業補償の対象にはならないと考えてしまいがちですが、有給休暇を使っても補償の対象になります。有給休暇は給与対象の休暇ですが、本来ならば自分の自由に使えるはずの有給休暇を、交通事故による怪我の治療のために使わなくてはいけないとなれば補償に該当するのは当然の事と言えます。しかし休業中に勤務先から給与が支給されている場合は該当しないということは頭においておきましょう。通勤中や勤務中に交通事故にあった場合は、労災を申請することができ、労災で一部の休業補償給付があった場合には、残りの分を請求することができます。しかし入院期間中や通院中にも勤務先から給与が支払われていた場合には休業の補償は請求できません。

休業補償の金額の計算方法について

休業補償は入院や通院のために休業した分の補償であり、普段の給与は人により違いがあるので、具体的な補償額も人によって異なってきます。一日あたりの収入に休業日数をかける計算方法となります。基本的には、症状固定までに実際に休業した日数が対象となります。しかし、必ずしも休んだ日数のすべてが含まれるばかりではないということも頭においておかなくてはなりません。負傷の程度からそれほどの休業は必要ないという判断がされた場合には、合理的に休業が必要な期間に限定されることがあり、休業日数が減らされて計算される可能性もあるということになります。

まとめ

休業補償の内容をよく理解しておかないと、本来受け取ることができる補償額よりも少ない金額しか受け取れないということにもなりかねません。内容の把握をしっかりとし妥当な金額を受け取るようにしておきましょう。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です