交通事故による慰謝料は増額できる場合がある

交通事故による慰謝料は増額できる場合がある

交通事故によって被害者となったら、すぐに病院で診察を受けることが大切です。事故直後の診断書をベースに、事故と怪我の因果関係を明確にした上で、慰謝料を請求できるからです。なお、被害者本人が交渉するよりも、弁護士に依頼した方が増額できる場合があります。

交通事故により被害を受けたらするべきこと

交通事故の被害者になったら、怪我の有無を確かめるためにも、直ちに病院で診断を受けることをお勧めします。素人判断で何でもないと判断することなく、専門の医師の判断に任せることが肝要です。頭部へのダメージやむち打ちは、自覚症状がなくても、後から発症する恐れがありますので怖い怪我と言えるからです。また、事故直後の診断書は、後の慰謝料請求における事故と怪我の因果関係を証明するために重要な証拠となります。先方が契約している保険会社との示談交渉となりますので、しっかりと準備をして対応したいところです。書類に不備があると、賠償額が相場より低い等級となってしまう可能性がありますので注意が必要です。

交通事故による慰謝料の種類とは

交通事故によって、通院したり入院することになれば、その事実をもって、入通院慰謝料の請求ができます。ただし、事故との因果関係を証明するためには、事故直後の診断書が必要となります。後遺症が残り日々の生活に影響を及ぼすようになったら後遺障害慰謝料を請求できます。上記、2種類の賠償請求は、いずれも怪我をしたことによる精神的な苦痛に対する慰謝料という位置付けです。ただし、診断書に不備があったり、交渉上、不利な事実が出て来ると障害等級が低くなってしまうことがあります。したがって、この分野に精通している弁護士に、相談することが得策でしょう。

慰謝料を増額できる場合とはどんなときか

いったん賠償額が決定して後であっても、その後の事情の変化によって慰謝料を増額できる場合があります。また、被害者がいくら理論装備をして、交渉の席にのぞんでも増額不可となるケースがほとんであり、相場水準より低い価格になりがちです。一方で、弁護士に依頼して交渉してもらうだけで結果が異なる場合があります。弁護士の存在だけで、増額の可能性が出てきますので、専門家に委託することには意義があります。ほぼ相場価格に近い賠償額まで、増やすことは可能となります。その理由は、保険会社の交渉上の内務規定によるものが大きいと推定されます。

まとめ

交通事故によって怪我を負ったら、すぐに医師の診察を受けて診断書を交付してもらうことを推奨します。保険会社との慰謝料の交渉で、賠償額を有利に持っていくためにも必要だからです。交渉には弁護士に依頼するのが賢明です。被害者本人が直接、交渉すると多くの場合、相場よりも低い額で決着してしまう恐れがあるからです。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です