交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか

交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか

交通事故は車同士だけでなく、車と人、車と自転車、車と建物や物など複数の事故の種類があります。事故にあった時にはどうすれば良いのでしょう。事故にあうと驚きで精神が混乱することがあります。落ち着いて対応しましょう。

事故にあって被害者の請求できる権利

事故の被害者の場合には、被害を請求する権利があります。加害者との話し合いではなく保険会社と話し合うことをお勧めします。事故にあった時には警察へ連絡します。事故の状況や場所などを詳しく話しましょう。加害者の名前は確認しておきましょう。できれば連絡先も確認できると良いです。任意保険に加入している場合には保険会社の連絡先も確認して記録にとりましょう。加害者と話し合うよりも保険会社との話し合いをしましょう。交通事故にあった時に保障される保険に加入してないこともあります。その場合には、加害者との話し合いになります。

任意保険に加入していない場合の請求先

車を運転する方は万が一の時に備えるために任意保険に加入しています。ほとんどの方が加入していますが加入していない方もいます。被害者は、加害者に請求する権利があります。交通事故の度合いにもよりますが、怪我をしたら治療費です。仕事ができないほどの怪我なら慰謝料も請求できます。精神的なダメージが大きい場合も慰謝料が発生します。物損事故なら補修費用です。修繕の請求はできるでしょう。自転車などが壊れた場合には修理を必要とします。交通事故の大きさや車に対しての被害が何なのか明確にします。被害を受けたことを請求する権利があります。

加害者と連絡取れない場合にどうすればいいのか

任意保険に加入していると保険会社から保障されます。話し合いに応じて保険金が支払われます。しかし、任意保険に加入していない場合もあります。加害者がどこかへ行ったり仕事先を辞めることも少なくありません。連絡取れない場合には、家族や親戚などへ連絡して事情を話すことも可能です。しかし、家族や親戚には無関係なので情報を得られないこともあります。その場合には、警察へ連絡しておきましょう。物損事故の場合には当て逃げ処理、人身事故の場合はひき逃げ処理などへ変更できることもあります。泣き寝入りする必要はないです。事故にあうだけでも精神的なダメージがあります。

まとめ

交通事故はいつ起こるかわからない事故です。車を運転する場合には、任意保険への加入した方が良いでしょう。事故処理は警察へ連絡しましょう。加害者と連絡取れない場合は被害届を出しましょう。事故処理から被害へと処理してくれることもあります。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です