交通事故の被害者が作成する診断書と賠償

交通事故の被害者が作成する診断書と賠償

記事のイメージ画像

交通事故の被害者は、診断書をただちに作成して、加害者が加入する任意保険会社に提出すべきです。また、示談交渉をする際には、賠償額をできるだけ増額するために、弁護士に依頼したり、入院期間を長くすることがポイントとなります。その理由なども合わせてみていきます。

交通事故にあったらすぐに診断書を作成

交通事故の被害者となったら、直ちに診断書を作成して然るべきところに提出することが必要です。提出すべき診断書には2種類があり、ひとつは警察むけ、もうひとつは任意保険会社むけです。警察向けには、病院が作成してくれる書式のものを提出すれば事足ります。しかし、加害者が加入している任意保険を利用する場合には、保険会社が指定する書式の診断書を提出する必要があります。示談交渉の際における、手続きにおいて慰謝料額の等級を決める際に、重要な書類となります。事故とケガの因果関係があることを明らかにするものですので、事故直後にすぐ受診することが望ましいと言えます。

慰謝料を増額するためにはどうするか

慰謝料は算定するには、3つのやり方があり、どれを規準とするかによって、賠償額が違ってきますので、その仕組みを把握しておきましょう。自賠責基準は、自賠責保険の支払いの際に用いられる規準であり、一般的には最も安い算定額とあります。任意保険基準とは、加害者が加入する任意保険会社が示談交渉をする際に用いる規準であり、次に述べる弁護士基準と、自賠責規準のちょうど中間の額になると考えて良いでしょう。弁護士が示談交渉のために、裁判を起こす場合に使われるのが弁護士基準です。最も高額な賠償額となりますので、有利に増額するためには、弁護士に依頼するのが得策であることが分かります。

慰謝料を増額するため方法・入院期間を長くする

慰謝料の算定には、治療期間と治療日数をもとにしますが、自賠責規準、任意保険規準、弁護士基準のいずれを選択するかによって賠償額が違ってきます。すでに述べたように弁護士基準が最も高くなります。示談交渉を自分で行なうことができますが、いくら法律に詳しくても、増額を勝ち取るには弁護士の力が必要になることに留意してください。保険会社の運用方針によって、決められている傾向があるからです。さらに可能な限賠償額を増やすためには、通院もしくは入院している期間を長くすることがポイントとなります。もちろん治療が継続していることが前提となります。したがって、医師から、症状が固定し治療が不要と宣言されるまでの間、通院を止めずに通院し続けることを意味します。

まとめ

交通事故の被害者になったら、すぐに病院を受診して診断書を作成することが大切です。ケガの自覚症状がなかったとしても、後にむち打ち等の症状が出るケースがあるからです。加害者の任意保険会社と示談交渉をする際には、弁護士に依頼して弁護士基準で賠償額を算定すると最も高くなり、通常のやり方と比べて増額できます。さらに入院や通院期間長くするために途中で止めないことも大切です。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です