交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために

交通事故の被害者が泣き寝入りしないようにするために

交通事故に遭った場合に加害者が無保険であると、被害者に支払われるか否かは加害者側の資力により左右されると言われています。交通事故の賠償額は高いとされていますが、場合によっては泣き寝入りになることがあるとされています。

未加入だと十分な補償が受けられないことがある

交通事故により負傷した場合、加害者は被害者に対して賠償しなければならないというのは言うまでもないことです。ただ、加害者が保険に加入しているのであれば、その保険から賠償金が支払われます。従って、被害者は加害者が賠償してくれるかどうかを心配する必要はないと言えます。しかし、自賠責保険しか入っていない場合または自賠責と任意のいずれも入っていない場合だと十分な補償が受けられないことがあります。とりわけ、後者の場合だと当然ながら加害者が入っている保険から支払われませんし、強制執行や裁判を行ったとしても不十分だと言えます。

加害者が未加入でも安心できる保険がある

加害者が自賠責保険のみ入っている状況または自賠責と任意のいずれも入っていない状況でも対処できる場合があります。人身傷害保険、無保険車傷害保険に加入していれば十分な補償を受けることができます。人身傷害保険は、被保険者が車の事故で傷病を負うことになった時に保険金が支払われるという保険を言います。事故で被保険者が亡くなったり、または後遺障害を負ったりしたものの、賠償金を払えない時に会社から不足分が支払われる保険が後者の保険です。これらの保険は交通事故における泣き寝入りを防ぐ上で役に立つ保険だと言えます。

人身傷害保険と無保険傷害保険のそれぞれの特徴

人身傷害保険と無保険傷害保険は十分な補償を受けることできる点で優れていると言えますが、他にも特徴があります。まず前者は相手が存在しない事故であっても補償が受けられるというメリットを有しています。また過失があるか否かに関係なく保険金が受け取れるなども長所として挙げられます。次に後者ですが、人身事故のうち重大なものに限られているという特徴があります。ただ、弁護士の介入によって支払われる賠償金が多くなる可能性があるなどのメリットも持ちます。注意点もあるので、それを含めて特徴を知っておくことが大切だと思われます。

まとめ

交通事故の加害者が無保険であるために、まともに賠償金が受け取ることが難しい場合でも泣き寝入りの必要はありません。かような事態を防ぐためにも人身傷害保険と無保険傷害保険を活用することが重要だと考えられます。

比較ページへのリンク画像

関連記事はこちら

交通事故における後遺症と後遺障害の違いとむち打ちと高次脳機能障害に関する事柄
交通事故による慰謝料は増額できる場合がある
交通事故で支払われる金額に納得いかないなら示談交渉はプロに頼むこと
交通事故の被害者になったら専門家に相談しよう
交通事故の被害者がするべき行動ともらえるお金において裁判基準が得するという事実
交通事故の被害者になった人はしっかりとした選び方で弁護士を探した方が良いです
交通事故の被害者が請求できるものとは
交通事故したら保険会社への連絡を
交通事故の治療費は保険会社に請求しましょう
交通事故で発生する精神的苦痛との向き合い方
交通事故で被害者が過失なし・10対0の過失割合なら
交通事故の被害者が得する方法とは
交通事故の被害者がするべき手続きとは
交通事故の被害者がやられ損にならないための行動
交通事故により発症したむち打ちへの対応とは
交通事故のケガの種類を把握しましょう
交通事故の被害者がとるべき対応とは
交通事故の被害者が知っておくべきの休業補償の内容とは
交通事故の加害者と連絡取れない被害者はどうしたらいいのか
交通事故のリスクと裁判の備えに注目です
交通事故の被害者が作成する診断書と賠償
交通事故で困ったら無料相談を利用しよう
交通事故に遭った被害者の権利とは何か?
交通事故の対応と腰痛治療の保険に注目です